トラブル無く利用する為のポイント

リサイクルトナーは品質管理が重要

リサイクルトナーはレーザープリンターや複写機等で使用済となり空になったトナーカートリッジを、専門業者が回収し、改めて汎用のトナーを充填し販売している物です。プリンターメーカーや複写機メーカーによる空のトナーカートリッジの回収が間に合わずに廃棄されてしまう物を回収し何度も再利用される為にトナー漏れ等の品質面や、機器本体への悪影響が心配されますが、その反面トナーカートリッジの開発等を行う必要が無い為に、純正トナーに比べ価格面では優位に立っております。
リサイクルトナーを利用される場合に懸念される事は品質の問題です。その最大の理由は純正のトナーを使用していない為です。元来トナーは帯電性を持つプラスティック粒子に黒鉛や顔料等を付着させた非常に細かな粉から成りますが、この粉の品質維持が重要になってきます。
その為、このトナーには各種の品質管理基準(ISO9001,E&Q、STMC等)が有り、リサイクルトナーを選定する場合には、これらの品質管理基準をクリアーした物を選ぶ事が大切で、安いと言う価格本位で選定する事は避ける事が必要です。又、販売店に付いても、その生産地や購入後のサポート、万が一の際の保証等がしっかりとした販売店を利用する様にします。こうした事前確認により安いリサイクルトナーを安心して使用する事ができ、コストメリットを得る事が出来ます。

リサイクルトナー導入後はトラブルに注意

リサイクルトナーは純正品の半額以下でも購入できるのですが、中にはトラブル発生率が上がってしまうという声もあります。特に業者から仕入れている場合には、注意が必要です。
業者が仕入れているリサイクルトナーの仕入れ先が変わった場合には、商品そのものは同じだとしてもその品質が変わることがあるからです。リサイクルトナーはリサイクルをしているのですから、その加工作業が必要になります。その加工の仕方によってはトラブルも生じることがあるのです。
もしも何かトラブルが増えた気がした場合は、業者に仕入れ先が変わっていないか問い合わせてみましょう。または価格交渉をしてみてスンナリ価格を下げてくれるようなら、おそらく業者が変わっています。薄利多売のリサイクルトナーでは、最初からよほど割高で販売していない限り簡単には値下げはできないからです。
特に企業やお店で利用している場合には、それを利用する人たちやトラブル対応をする人たちの人件費も見えない費用で計上されますから、見た目のコストだけを安くしようとすると、かえってコストが増えることにもなりかねません。ですから、リサイクルトナーを利用するなら、しばらくはトラブルの動向にも注意を払っておいた方が良いでしょう。

Contents

半額以下で購入して大幅節約

リサイクルトナーを利用しよう トナーをメーカーが販売している純正品で購入すると結構値段が張りますよね。印刷枚数が多ければ多いほどあっという間にトナーもなくなってしまってまた買い換えないと行けなくなってしまっ…

Read

しっかりとした製造工程で作られた工業製品の選び方

リサイクルトナーはエコな工業製品 今やエコを意識するのはどんな分野でも常識になりつつあります。今はエコというとリサイクル品が多くなっているのですが、こうしたリサイクル品にかなりコストメリットが出てきたことが…

Read

トラブル無く利用する為のポイント

リサイクルトナーは品質管理が重要 リサイクルトナーはレーザープリンターや複写機等で使用済となり空になったトナーカートリッジを、専門業者が回収し、改めて汎用のトナーを充填し販売している物です。プリンターメーカ…

Read

賢く利用して印刷コスト削減

リサイクルトナーのメリットとデメリット 近頃、話題になっているリサイクルトナーとは、レーザープリントなどで使ったメーカー純正のトナーカートリッジを集めて、分解、洗浄、修理を行い、純正品と同量の新しいトナーを…

Read