しっかりとした製造工程で作られた工業製品の選び方

リサイクルトナーはエコな工業製品

今やエコを意識するのはどんな分野でも常識になりつつあります。今はエコというとリサイクル品が多くなっているのですが、こうしたリサイクル品にかなりコストメリットが出てきたことが大きいのでしょう。企業でも個人でも増えつつあるプリンタのリサイクルトナーですが、純正のトナーと比較して半額以下で購入することができ、また品質の良いものも多くなっています。
昔はリサイクルトナーと言うとちょっと怪しいものというイメージがあったのですが、今ではメーカーも認めているほどしっかりした品質のものとなっているので、トラブルの発生率は純正品と比較しても微々たる違いしかありません。一般の人が使うくらいではまず気付かないでしょう。
リサイクルトナーは、使用済みのカートリッジを分解し、部品交換やトナーの充填を行って組立し直し、その後の品質テスト等をしっかり行ってから出荷、販売されています。リサイクルトナーのコスト削減は主に原料費であり、しっかりした作業によって作られている工業製品です。エコだからと言って適当に使い回しているのではなく、純正品のカートリッジという原料を元に、しっかりした製造工程で作られているのです。つまり、エコな工業製品と考えて良く、お古ということではないということです。

リサイクルトナーの製造元と販売元の選び方

リサイクルトナーはメーカー純正の商品にできるだけ近い形でトナーカートリッジを再生し、トナーを充填した商品です。価格の安さが注目されがちですが、その品質も最近は非常に高くなっているので、多くの企業や個人に用いられています。リサイクルトナーにはどうしても不良品リスクがあると言いますが、それを避けるためにもしっかりした製造元、販売元を選びたいものです。
どういった観点で選ぶと良いのかというと、リサイクルトナーが作られた工場が品質管理基準をしっかりしている証拠として、「ISO9001」「ISO14001」といった表記があると安心です。ISO9001は品質管理の国際規格で、ISO14001は環境に配慮した生産工程や管理に関する国際規格です。国際的な基準ですから、海外工場だったとしても同じ基準で安定した品質を期待することができます。
これらが無い場合は、せめて国内工場のものを選ぶようにしましょう。特にプリンタメーカーは日本のメーカーのシェアが大きいため、その日本国内の工場であれば一定の品質が期待できます。
また、お店側の保証内容やサポート体制などにもこうした雰囲気は現れます。トラブルが多いとお店は対応をしたくないので、保証やサポートを打ち切ったり、対応を先送りにします。良い対応のところは、発生件数が少ないからしっかり対応できるのです。良い製造元、販売元を選ぶ参考にしてください。

Contents

半額以下で購入して大幅節約

リサイクルトナーを利用しよう トナーをメーカーが販売している純正品で購入すると結構値段が張りますよね。印刷枚数が多ければ多いほどあっという間にトナーもなくなってしまってまた買い換えないと行けなくなってしまっ…

Read

しっかりとした製造工程で作られた工業製品の選び方

リサイクルトナーはエコな工業製品 今やエコを意識するのはどんな分野でも常識になりつつあります。今はエコというとリサイクル品が多くなっているのですが、こうしたリサイクル品にかなりコストメリットが出てきたことが…

Read

トラブル無く利用する為のポイント

リサイクルトナーは品質管理が重要 リサイクルトナーはレーザープリンターや複写機等で使用済となり空になったトナーカートリッジを、専門業者が回収し、改めて汎用のトナーを充填し販売している物です。プリンターメーカ…

Read

賢く利用して印刷コスト削減

リサイクルトナーのメリットとデメリット 近頃、話題になっているリサイクルトナーとは、レーザープリントなどで使ったメーカー純正のトナーカートリッジを集めて、分解、洗浄、修理を行い、純正品と同量の新しいトナーを…

Read